アラサーサラリーマンの投資日記

米国個別株とインデックスファンドのポートフォリオを公開

【2022年9月4日】資産運用報告

今週はクラウドストライクの分析ブログを書いていて時間がなかったため、

余り米国市場の経済指標やイベントについて確認できませんでした。

唯一、雇用統計だけ確認しましたが、まだまだ米国の雇用は強かったため、今後も大幅な利上げが来るだろうとの警戒で、金曜日も大幅に株式市場が下落したんだろうと思います。

私のポートフォリオも今週でかなり下げてしまいボロボロの状態ですが、めげずに振り返っていきたいと思います。

米国株(個別)について

先週より-40,576円でした。

保有銘柄ではクラウドストライクとエヌシーノの決算があり、どちらも良い決算が出ましたが、地合いが悪いのと利上げ懸念から引き続き売りが浴びせられています。

他銘柄もインフレの影響で株式市場全体に引っ張られて下落しています。

CPIで弱い数字が立て続けに出ないことには下落トレンドから抜け出せなさそうです。

 

投資信託について

先週より-12,364円(ナスダック100に30,000円積立投資したため実質‐42,364円)でした。

ボラティリティの小さいインデックス投資でもかなり下落しているため、レバナスに投資してたらと思うと恐ろしいなと感じます。

私は積立投資は基本的に超長期で考えているため過度なリスクを負いたくないので、リスクは余剰資金の個別株で負うようにしています。