アラサーサラリーマンの投資日記

米国個別株とインデックスファンドのポートフォリオを公開

【2022年9月11日】資産運用報告

今週、大きな経済イベントはありませんでしたが、OPECプラスが10月から原油を減産する意向を示しました。

これによって下落していた石油やガソリンなどの先物価格が上昇しインフレ抑制に水を差すニュースになりました。

しかし、株式市場は先週までかなりのペースで下落していたこともあり、リバウンドした週になりました。

 

米国株(個別)について

先週より+118,178円でした。

ショートカバーが大きいと思いますが、特に決算の良かったクラウドストライクとエヌシーノが相場が上がった後に大きく上昇しています。

ただ、依然としてインフレは収まっていないためハイテク銘柄は楽観視できない状態です。

 

投資信託について

先週より+79,193円(ナスダック100に30,000円積立投資したため実質+45,860円)でした。

今週は指数も強かったので先週はかなり落込みましたが、いい感じです。

個人的な事情で直近で現金が必要になるため、9月が10月にNASDAQ100を一旦、売却予定です。一方で積立は継続していきます。